モンスター・ビバレッジ、コンステレーションと合併交渉=関係筋

ロイター
Pocket

モンスター・ビバレッジの商品
エナジードリンクメーカーの米モンスター・ビバレッジは、米国のアルコール飲料メーカー、コンステレーション・ブランズとの合併を交渉している。写真はレディングで2019年1月撮影(2021年 ロイター/PETER CZIBORRA)

[21日 ロイター] – エナジードリンクメーカーの米モンスター・ビバレッジは、米国のアルコール飲料メーカー、コンステレーション・ブランズとの合併を交渉している。関係者が21日、ロイターに明らかにした。

両社を合わせた時価総額は約920億ドル。合併の形態などの詳細は現時点では不明。

ブルームバーグ・ニュースは、匿名の関係筋の情報として、モンスター・ビバレッジが合併を巡って助言会社と協議したと伝えた。交渉が実際に合併につながるのかどうかは不確実だとしている。

ロイターはモンスター・ビバレッジにコメントを求めたが、今のところ返答がない。コンステレーション・ブランズはロイターに対して、うわさや観測にはコメントしないとした。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media