ドトール、消費期限が近いサンドイッチなど最大30%引き、食品ロス削減

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

値下げシールが貼られているドトールの消費期限が近い袋詰め商品
デニッシュ、焼き菓子、サンドイッチなどの袋詰め商品を10〜30%引きで販売する

 ドトールコーヒーは11月11日から、食品ロスの削減を目的に消費期限が迫った商品の割引販売を始めた。全国のドトールコーヒーショップ(1078店舗)と一部のエクセルシオールカフェ(20店舗)で実施する。

 対象は、当日に消費期限を迎えるデニッシュ、焼き菓子、サンドイッチなどの袋詰め商品。割引率は10〜30%で、店舗ごとに割引率や割引販売の開始時間を判断する。

 同社は食品ロスの削減に積極的に取り組んでおり、8月下旬にはエクセルシオールカフェ50店舗で、フードシェアリングアプリ「TABETE(タベテ)」を本格導入。売れ残ったサンドイッチや焼き菓子などを同アプリを通じて、割引販売している。

 また、9月からはNPOのフードバンクTAMA(東京都日野市)を通じて、余った食材や調味料を子ども食堂などに寄付する活動を始めた。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media