わずか80坪!バーニーズ ニューヨークの小型店が、反転攻勢の狼煙である理由

2021/11/29 05:55
野澤正毅
Pocket

消費増税、コロナ禍と、立て続けに大打撃を受けたのが高級ファッション市場だ。この分野の有力専門店であるバーニーズ ジャパン(東京都/関口正美CEO)も、例外ではなかった。しかし、小回りが利き、機動力のある小型店という新フォーマットを開発。8月にオープンした西武渋谷店内のインショップでの成功を目指している。

日本初となる百貨店のインショップ

バーニーズ
バーニーズ ニューヨーク西武渋谷店の店内

 「バーニーズ ニューヨーク」と言えば、「都心部にある、大型の高級ファッション専門店」を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。ところが、そんなイメージを塗り替える新業態が誕生した。

 827日、東京都渋谷区にオープンした「バーニーズ ニューヨーク西武渋谷店」は、西武渋谷店のB1階にテナントとして入居、売場面積は約80坪とコンパクトだ。「こうした百貨店のインショップは、日本では初めての試みです」と、バーニーズ ジャパン取締役・営業本部シニアディレクター兼クリエイティブディレクターの谷口勝彦氏は説明する。

 同社の既存店は、売場面積が平均で約1000坪、路面店が標準的なスタイル。ファッション専門店としては、かなり大型と言えよう。

 既存店の商品構成は、ウエアからバッグ、シューズ、アクセサリーといった服飾雑貨まで幅広く、メンズ、レディス、ベビーまでラインアップしている。また、ビジネスシーンにも、カジュアルシーンにも対応しており、セレクトブランドのみならず、バーニーズ ニューヨーク限定商品やオリジナルコレクションも充実している。

 「あらゆる最新ファッションを一堂に集め、トータルのスタイル提案ができる」というのが、バーニーズ ニューヨークの大きなセールスポイントなのだ。したがって、「できれば1000坪くらいのスペースがないと、世界観を表現できないというポリシーだったのです」と谷口氏。それでは、なぜ小型店の開発に乗り出したのだろうか?

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media