ファミマ、燃料電池小型トラックの走行実証、岡崎市で開始

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ファミマの燃料電池小型トラックのイメージ
いすゞ自動車とトヨタ自動車が共同開発した車両を使い、店舗への商品配送を行う

 ファミリーマートは11月8日から、燃料電池(FC)小型トラックの走行実証を愛知県岡崎市を中心としたエリアで開始する。いすゞ自動車とトヨタ自動車が共同開発したFC小型トラックを使い、店舗への商品配送を行う。

 FCトラックは水素を燃料とし、走行中に二酸化炭素などの環境負荷物質を排出しない。今回の走行実証では、東邦ガスが供給する再生可能エネルギーを活用した都市ガス由来のCO2フリー水素を使用する。

 走行実証では、岡崎市にあるファミマの定温センターを起点に、岡崎市、豊田市、安城市の約30店舗に弁当やおむすび、パンなどを1日3回配送する。

 走行実証に用いるFC小型トラックの走行距離は約260kmで、最大積載量は3トン。約1年の走行実証を通じて、燃費や航続距離、温度管理などの実用性と水素ステーションでの充填時間などの利便性を検証する。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media