ファミマ、海洋プラごみ再生の買い物かご導入を拡大、首都圏など一部店舗で

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ファミリーマートの海洋プラごみ再生の買い物カゴ
長崎県と福岡県に加え、首都圏や新潟県、三重県の一部店舗にも導入、計28店舗での展開となる

 ファミリーマートは10月21日から、海洋プラスチックごみを原材料の一部に使った買い物かごを首都圏などの一部店舗で追加導入する。2021年2月から長崎県と福岡県の4店舗で導入しているが、首都圏や新潟県、三重県の24店舗に広げる。

 海洋ごみは世界的な問題となっているが、長崎県対馬市では年間約2万立方メートルの海洋ごみが漂着している。ファミマが導入する買い物かごは、対馬市で回収された海洋プラごみを原材料の一部に使用している。

 買い物かごはファミリーマート、伊藤忠商事、テラサイクルジャパン(横浜市)の3社が共同開発したもので、製造費用にはファミマの店頭で販売した有料レジ袋の収益金を充てた。ファミリーマートでは、家庭で余った食品を回収するフードドライブ活動のために店舗に設置している回収ボックスでも、海洋プラごみを原材料の一部として使用している。

※内容追加しました。(伊藤忠商事、テラサイクルジャパンの共同開発としていましたが、ファミリーマートも含めた3社共同開発です。訂正してお詫び申し上げます。)

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media