イオン、食品PBの「価格凍結宣言」、年内は値上げせず

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

千葉県内のスーパーの従業員
イオンは13日、プライベートブランド「トップバリュ」の食料品のうち、小麦粉やマヨネーズ、レギュラーコーヒーなどの価格を年内は凍結すると発表した。写真は千葉県内の店舗、2020年5月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 イオンは9月13日、プライベートブランド(PB)「トップバリュ」の食品について、12月31日までは価格を据え置き、値上げをしないと発表した。PBを取り扱う「イオン」「イオンスタイル」「マックスバリュ」「ダイエー」「まいばすけっと」など、グループの全国約1万店舗で、「年内価格凍結宣言」を行う。

 昨今は原材料価格の高騰や天候不順などの影響で、値上げを発表するメーカーが相次いでいるが、消費者の節約ニーズに対応するためにPBの価格を据え置く。価格を凍結するのはマヨネーズや小麦粉などの生活必需品が中心で、生鮮食品や米、酒、ギフト商品、リニューアル商品などを除く。

 物流の効率化や調達先の最適化、一括仕入れなど合理的なコスト削減に努めることで、価格据え置きを実現するとしている。

イオンPBの「年内価格凍結宣言」
値上げを発表するメーカーが相次ぐ中、消費者の節約ニーズに応える

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media