子供服のナルミヤ・インターナショナルが「写真館」出店を拡大するワケ

2021/10/12 05:55
野澤正毅
Pocket

ナルミヤ・インターナショナル(東京都/石井稔晃CEO)を苦境から立て直した石井稔晃社長。次から次へと、矢継ぎ早に事業構想が飛び出すアイデアマンだ。店舗業態では、フリースタンディングなど単独店の開発に乗り出している。「営業時間を自社で決められて効率的に運営でき、スタッフも集めやすい」と説明する。中国でのEC事業、子供写真館とのコラボ運営もスタートした。さらに、「子供服ブランドが人気化すれば、大人向けにも事業展開できる」と夢は尽きないようだ。

SC出店で直面した人材難

商品画像
SC向けブランドとして立ち上げた「プティマイン」

―百貨店・ショッピングセンター(SC)・ECに三極化しているナルミヤ・インターナショナルの販路別の売上構成比は、今後はどうなるのでしょうか。

石井 まずはECを強化し、EC売上高を現在の86億円から100億円にするのが直近の目標です。一方で、リアルの店舗網は、百貨店内が100店舗、SC内が170180店舗の規模で推移するのではないでしょうか。SCチャネルはこれまで、年間20店舗ほどのハイペースで出店を続けてきました。コロナ禍で出店がストップしたので、アフターコロナでは、出店をいったん加速させる見込みですが、年間20店舗のペースまで戻せるかどうかは不透明ですね。

―それはなぜでしょうか。

石井 SC出店で大きなネックとなっているのが、人材確保の問題です。新店を出しても、スタッフがいなければ運営できません。実は、人手不足は、コロナ禍の前から顕在化していました。全国各地のSCで、スタッフを集めるのに苦心していて、人材派遣会社に応援を頼んだりしていました。とりわけ、地方の郊外型SCは長時間営業のうえに、車がないと通勤できないので、深夜などの時間帯にスタッフを集めるのが難しいんですね。人材難は、人件費アップにもつながります。当社の売上高営業利益率は、前々期(20202月期)で約5%と低いので、二ケタまで引き上げる目標設定にしているんですが、人件費が上昇してしまうと、目標達成が遠のいてしまいます。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media