追悼 布施孝之キリンビール社長(2)リストラ、東日本大震災…小岩井乳業再建への道のり

千田直哉
Pocket

大阪支社長就任2年目で結果を出した布施さんには、即座に次のミッションが与えられた。

2010年3月、小岩井乳業への出向が告げられ布施さんは社長に就任する。

険しい小岩井乳業再建への道のり

 「小岩井」は岩手県盛岡市の北西・岩手山南麓に位置する約3000ヘクタール(山手線の内側の半分)の広さを持つ民間総合農場だ。かつては火山灰土におおわれた酸性で不毛の土地だった。この地を開墾し、土壌改良から始め、農場化に努めたのは日本鉄道会社小野義眞副社長、三菱社の岩崎彌之助社長(岩崎彌太郎氏の弟)、鉄道庁の井上勝長官の3人。3人の苗字の頭文字を並べて名付けられたのが「小岩井」の由来である。

 50歳まで一貫してキリンビールに籍を置いた布施さんは、乳業業界の門外漢。しかし「何が起ころうとも社内で起こったことの全責任は自分が取る」と覚悟を決めた瞬間、気持ちが楽になった。「全社員のパワーを最大限発揮できれば、業界には無知でも必ず結果を残せる」――根拠はないけれども自信はあった。

 着任する前の小岩井乳業のイメージは、「上質・高品質」というもの。だが、低収益構造で負債が資産を上回っていた。

 社内の状況を知り、リストラクチャリング(事業の再構築)に乗り出さざるをえないところまで追い込まれていることが判明。5月末から全社員を対象に開いたリストラに関する説明会は修羅場と化した。
 結局、その時在籍していた525人の人員のうち、希望退職者を60人募った。布施さんは、「やめていただく人に見せられる自分としての誠意はなんであるのか」を突き詰めた。結論は、直筆で3枚ずつ手紙を書くこと。各人のエピソードを織り込み、真心をこめてしたためた。

 リストラを断行して、決起集会を開いた2011年3月11日――。東日本大震災が起こってしまう。以後、半年間にわたって商品供給を停止せざるをえなくなった。布施さんは考えた。「会社の存在意義は平時はなかなか感じないもの。しかしながら、有事こそその社会的意義が鮮明になる。そしてそれこそが訴求するポイントなのではないか」と。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media