追悼 布施孝之キリンビール社長(1)

千田直哉
Pocket

9月1日、キリンビールの布施孝之社長が死去した。享年61歳。

謹んで哀悼の意を表したい。合掌。

大阪支店長の2年目、「一番搾り」で勝負に出る

布施さんは1960年生まれ。1982年、早稲田大学商学部を卒業後、キリンビールに入社した。大学ゼミ(原田俊夫ゼミ)の同期には恩蔵直人早稲田大学商学学術院教授がいる。

座右の銘は、山岡鉄舟の「金も要らぬ、名誉も要らぬ、命も要らぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」。

ヤマト運輸創業者小倉昌男氏の『経営学』(1991年)を懐に、一貫して営業畑を歩み、現場主義に徹した。

2001年、首都圏地区本部東京支社営業推進部長、2005年、首都圏統括本部首都圏営業企画部長を歴任し、社内でキャリアを積み重ねた。

2008年、48歳の時に近畿圏統括本部大阪支社長として赴任し、過ごした2年間が忘れられない。

勇んで支社に足を踏み込むと、何やら空気が澱【よど】んでみえた。なぜなのかを自分なりに分析した。

年配のベテラン社員の構成比が多い。ポスト不足、人事は停滞し、常に不満が鬱積。その結果、他責文化がはびこっていた。

大阪支社のメーンの取引先は飲食店だった。

現状打開を図るために、あの手この手の施策を打ったものの、なかなか結果にはつながらなかった。むしろ、他社に攻め込まれている感覚ばかりが残った。

結局、1年目の2008年は、当初の気合いは空回りしてしまい、よい業績を残すことができなかった。年末に全社員を集め、支店長としてのミスリードを詫びた。

大阪支店長の2年目。2月に同社の基幹商品の1つである「一番搾り」のリニューアルがあった。 

「ここだ!」と布施さんは、勝負に打って出る。

当面の営業活動を「『一番絞り』リニューアル案内業務」だけに絞り込んだのだ。

「あれもこれも」では結局焦点がぶれて伝わらない。だから、売るものを「あれ=『一番絞り』」の1つにフォーカスしたのだ。

「大阪中を笑顔にしよう」と社員を鼓舞し続け、営業に回る飲食店数目標を各人に決めてもらった。

 営業活動初日――。営業マンの帰社を待っていると、深夜、最若手の社員が「123件回りました」と息を弾ませて戻ってきた。

 その笑顔に、布施さんは、「うまくいくんじゃないか」と好感触を得た。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media