スターバックス、閉店前にドーナツなどを値引販売、食品廃棄を削減

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

スターバックスのフード
食品ケースで販売している商品を対象に、閉店3時間前をめどに20%引きで販売する

 スターバックスコーヒージャパンは8月23日から、閉店3時間前をめどにドーナツやケーキ、サンドイッチなどの食品を20%引きで販売する。値引販売によって売れ残りを減らし、フードロス(食品廃棄物)の削減につなげる。

 スターバックスの店舗から排出される食品廃棄物のうち約15%を賞味期限切れの食品が占めている。2021年3月に東京都と埼玉県の90店舗ほどで値引販売を試験的に行ったところ、実際に廃棄量が減ったほか、店舗従業員からも好反応だったという。

 対象となるのは食品ケースで販売しているドーナツなどの食品で、ヨーグルトや子ども向け飲料、水などは対象外。各店舗の在庫状況によって値引対象商品や値引開始時間は異なる。

 値引販売プログラムは「SAVE FOOD」と名付け、プログラム実施中は店内にPOPを掲出する。同プログラムによる売り上げの一部は、こども食堂を支援するNPOに寄付する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media