米ペプシコ、トロピカーナなどのジュースブランド売却 33億ドル

ロイター
Pocket

ペプシコのロゴ
米飲料・食品大手ペプシコは3日、北米の果汁飲料「トロピカーナ」などのジュースブランドをフランスのプライベートエクイティ(PE)会社PAIパートナーズに33億ドルで売却すると発表した。カリフォルニア州アーウィンデールで2017年7月撮影(2019年 ロイター/MARIO ANZUONI)

[3日 ロイター] – 米飲料・食品大手ペプシコは3日、北米の果汁飲料「トロピカーナ」などのジュースブランドをフランスのプライベートエクイティ(PE)会社PAIパートナーズに33億ドルで売却すると発表した。取扱製品の簡素化と糖分の多い飲料からの脱却を図る。

ペプシコは新たな合弁会社の39%の株式を保有し、これらのブランドの米国での独占販売権を持つ見通し。ラモン・ラグアルタ最高経営責任者(CEO)は、今回の売却により健康志向のスナックやゼロカロリー飲料の開発・成長に向けた資金が得られると述べた。

ペプシコは1998年にトロピカーナを約33億ドルで、その約10年後に米国のネイキッドジュースを1億5000万ドルで取得した。

ジュース事業の純売上高は2020年で約30億ドル。営業利益率はグループ全体を下回っていた。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media