ファミマ、処方薬を店頭で受け渡し、オンライン薬局と連携

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ファミマが店頭に設置した認証機能付き受取ボックス
店頭に設置した認証機能付き受取ボックスで処方薬を受け取れる

 ファミリーマートは8月6日、店頭に設置した受取ボックスで処方箋が必要な医療用医薬品(処方薬)を受け渡すサービスを始める。オンライン薬局を運営するミナカラ(東京都千代田区)との共同実証実験として東京都内の8店舗で開始する。

 サービス名は「ファミマシー」。利用者は病院で診察を受けた後、オンラインで薬剤師の服薬指導を受け、支払いを済ませる。処方薬は最短で当日、ファミリーマート店頭の受取ボックスで受け取ることができる。

 ミナカラでは処方薬のほか、薬剤師の対面販売が原則となっている第1類の一般用医薬品なども購入できる。受取ボックスで薬を受け取る際は、予約番号を入力する。受け取りは24時間可能だ。

 ファミマシーのサービスを実施するのは、ファミリーマートの「汐留メディアタワー店」(港区)、「二葉三丁目店」(品川区)、「ファミマ!!恵比寿ガーデンプレイス」(渋谷区)などの8店舗。ミナカラの配送拠点からファミリーマート店舗までの薬の配送は、セイノーホールディングスのグループ会社が提供する医薬品・検体の即時配送サービスを利用する。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media