1年で1兆円企業に、ECでZARAを圧倒する中国 Shein(シーイン)の秘密に迫る 原材料費・関税ゼロの衝撃!

河合 拓
Pocket

世界のZ世代で人気沸騰 Sheinは日本で成功するのか

さて、こうした状況を鑑み、この突然変異のユニコーン企業が日本語対応をし、日本市場に攻めている。果たしてSheinは日本で成功するのだろうか。私の答えはNOだ。「ただし、この5年は」という条件つきである。

実は、私自身、この論考を書くに当たって(当然であるが)幾枚かの商品を購入しているのだが、それらのほとんどが、「それなりの商品」だ。アメリカ、オーストラリア、メキシコなどで事業を展開しているというが、こうした国、あえて云わせてもらえれば「服にあまり関心の無いような国」で売れるという事情がよくわかる。以前紹介したAmazon Essential(アマゾン・エッセンシャル)以上の酷さである。

日本、韓国、そして、イタリアは、歴史的ファッション先進国で、特に日本では無敵のユニクロ、g.u.など、圧倒的コスパを実現した日本品質の服を山のように販売し、また消費者は、それらに慣れている。しかし、このSheinの服は、われわれ日本人にとっては「残念な品質レベル」だ。当面は、その格安な値段と中国臭さを消したマーケティングで、アジアで拡大してゆくだろう。同社の商品は、縫製は粗く素材はペラペラ。まるで、経営破綻したフォーエバー21を彷彿させる品質だった。これでは、品質にこだわる日本市場の解錠は当面無理だろうと思う。

しかし、私たち年寄りが想像もつかない「Z世代」にもこの考えがあてはまるかというと、クエスチョンマークだ。世界はますますフラット化し、年寄り的に言えば、洋服文化は破壊されている (変わっている)。また、われわれが思い描く未来像は5年後までで、それ以降は何が起きるかわからない。徹底したマーケティングと唸るほどの金があるSheinが、弱り切った日本のアパレルにM&A攻勢をかけ、ファッション先進国向けの品質技術を持つことは想像に難くない。この5年で同社による「日本買い」が増えるだろう。5年以降も、日本が「ファッション先進国」であり続けるというのは、私たち老人のおごりかもしれない。

 

早くも3刷!河合拓氏の新刊
「生き残るアパレル 死ぬアパレル」好評発売中!

アパレル、小売、企業再建に携わる人の新しい教科書!購入は下記リンクから。

1 2 3 4 5

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media