東急ストアの「デリマーケット」2号店レポート 外食縮小のなかグローサラント型店舗を出店する理由

2021/08/06 05:55
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵
Pocket

 東急ストア(東京都/須田清社長)は7月21日、グローサラント型の新フォーマット「デリマーケット」の2号店を、JR中央・総武線「飯田橋」駅直結の商業施設内にオープンした。新型コロナウイルス(コロナ)感染拡大下で駅やイートイン利用が減少傾向にあるなか、同社はどのような店づくりをしているのか。

JR中央・総武線「飯田橋」駅の新西口正面から見える、視認性の高い場所にオープンしている
JR中央・総武線「飯田橋」駅の新西口正面から見える、視認性の高い場所にオープンしている
「プレッセ飯田橋デリマーケット エキュートエディション飯田橋店」の外観
「プレッセ飯田橋デリマーケット エキュートエディション飯田橋店」の外観

売場面積は1号店の1.5倍

 同店がオープンしたのは、JR東日本子会社のJR東日本クロスステーション(東京都)が運営する商業施設「エキュートエディション飯田橋」の2階部分。2018年9月に大規模複合施設「渋谷ストリーム」(東京都渋谷区)に出店した1号店に続く「デリマーケット」の2号店である。

 売場面積は1号店の約1.5倍となる244㎡。「デリマーケット」の名のとおり総菜を中心に、飲料、酒類、菓子、デザート、加工食品など1854SKUを販売する。

「1人の食事は窮屈」
安全な飲食空間を提供する

 1号店の開業から3年近くが経過し、さらに現在はコロナ禍で駅やイートイン利用が減少傾向にあるなか、なぜ今、東急ストアはデリマーケット2号店を開業したのか。
 同社営業本部副本部長兼商品統括室長の大堀友二氏は「コロナ感染拡大が長期化し、自宅で1人で食事をすることに窮屈さを感じている人は少なくない。そうしたなか安全が担保されたオープンな飲食なスペースを提供するべきだと考えた」と説明する。

2号店のイートインスペース。アクリル板の設置など感染防止対策に注力する
2号店のイートインスペース。アクリル板の設置など感染防止対策に注力する
テラス席を合わせて計30席を用意している
テラス席を合わせて計30席を用意している

 こうした考えも含めて、同店はコンセプトに「Iidabashi Deli Style」を掲げる。総菜をメーンに扱い、飯田橋を訪れるさまざまな人に、1日のあらゆる時間帯にあった食シーンを提供できる店をめざしている。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media