モリト株がストップ高、男女金メダルのスケートボード関連で注目

ロイター
Pocket

東京証券取引所で株価ボードを見る人
26日の株式市場で、モリトがストップ高となっている。写真は2013年5月、東京証券取引所で株価ボードを見る人(2021年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 26日 ロイター] – 26日の株式市場で、モリトがストップ高となっている。開催中の東京オリンピックのスケートボード競技は、25日の男子ストリートで堀米雄斗選手が金メダルを獲得したのに続き、26日の女子ストリートでも西矢椛選手が金メダル、中山楓奈選手が銅メダルを獲得。連日の日本勢の活躍によって、スケートボード販売を手掛ける同社に関連銘柄として注目が集まった。

会社側が7月13日に公表した2021年11月期上半期(12月─5月)の決算短信によると、国内ではサーフィン・スケートボード関連商品の売上高は増加しているという。今回の日本勢の活躍によって、さらにスケボー関連製品の伸びが拡大するとの思惑が出ている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media