「三井アウトレットパーク北陸小矢部」にアートとデザインの発信拠点

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

「三井アウトレットパーク北陸小矢部」内に開設する富山大学と連携したアートと文化の発信拠点.ワークショップのようす
富山大学と連携し、学生の作品展示や地域の子どもが参加できるワークショップなどを行う予定だ

 三井不動産は8月3日、「三井アウトレットパーク北陸小矢部」(富山県小矢部市)に富山大学と連携したアートと文化の発信拠点を開設する。デザインワークショップを開催したり、ギャラリーとして作品を展示したりするなど地域の交流の場とする。

 三井アウトレットパーク北陸小矢部内のパブリックスペースを、アート&デザインコミュニティスペース「Meets GEIBUN」として運営する。富山大芸術文化学部の内田和美教授と渡邉雅志准教授がコーディネートおよび監修を担当する。

 学生の作品展示やワークショップのほか、研究会や公開授業、作品の公開制作なども行う予定。また、本年度は「アート&デザインによる魅力の場創りと文化創造活性化の研究」と題した研究を、三井不動産と富山大が共同で行う。

 両者は2019年に組織的連携協力協定を締結、三井アウトレットパーク北陸小矢部においてこれまで4人の教授・准教授が学生と共に実証実験や研究発表を行った。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media