セブンイレブン、サンドイッチ包装の一部を紙素材に順次切り替え

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

セブンイレブンのサンドイッチの新しい包装
従来、フィルム素材を使用していた赤枠部分を紙と組み合わせた素材に変更する

 セブン-イレブン・ジャパンは7月27日から、首都圏の店舗で販売するサンドイッチのパッケージを、一部に紙素材を使用したものに順次切り替える。従来、フィルム素材を使用していた部分を紙を組み合わせた素材に変更することで、プラスチック使用量を約40%削減する。

 同社では商品の包装について石油由来のプラスチック削減に取り組んでおり、5月から手巻おにぎりのパッケージフィルムを薄くしたほか、7月からは弁当類の帯フィルムをリサイクルペットを使用したものに変更した。今回のサンドイッチのパッケージ変更と合わせて、年間で約1000トンのプラスチック削減(2013年比)を見込んでいる。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media