オーケー、8月に「港北店」で 調剤薬局をオープンへ そのねらいとは?

2021/07/15 05:55
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵
Pocket

「食品スーパーが
取り逃している需要がある」

 20年末に行ったインタビューの際、オーケーの二宮社長は「ワンストップショッピングの需要は高まっており、ドラッグストア(DgS)に立ち寄らなくても生活必需品が揃う利便性を提供したい。DgS企業が業績を伸ばしているということは、食品スーパーで取り逃している需要があるはずだ」と述べている。

オーケーはすでに一部店舗で大衆医薬品を販売しているが今後、処方薬にまで扱いを広げる。写真は「橋場店」(東京都台東区)
オーケーはすでに一部店舗で大衆医薬品を販売しているが今後、処方薬にまで扱いを広げる。写真は「橋場店」(東京都台東区)

 このようにオーケーは食品以外でも利便性を提供し、地域になくてはならない存在になることで、さらなる支持獲得をめざしている。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media