マルイと共同運営!ネットショップによるリアル進出「SHIBUYA BASE」移転リニューアルのねらいは?

久保佳耶
Pocket

BASE(東京都/鶴岡裕太社長)は6月24日、丸井グループ(東京都/青井浩社長)と共同で運営する「SHIBUYA BASE」をリニューアルオープンした。BASEはネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」を運営する企業で、コロナ禍でのEC需要を受け、一気に加盟店を増やしている。ネットショップ開設事業が快進撃を続ける中、BASEが実店舗にも力を入れるねらいとは。

ネットショップがリアル店舗に挑戦する「SHIBUYA BASE」

 「SHIBUYA BASE」とは、ネットショップ作成サービス「BASE」に加盟している店舗が、期間限定での実店舗出店に挑戦できる出店スペースだ。2018年6月に「渋谷マルイ」1Fにオープンして以降、これまで累計170ショップがリアルでの出店に挑戦してきた。今回のリニューアルで、「SHIBUYA BASE」は「渋谷マルイ」1階から、同じく丸井グループの運営する「渋谷モディ」1階へと移転した。移転の理由について、丸井グループ執行役員 新津達夫氏は、「渋谷マルイは、レディスのアパレルや雑貨などのテナントで幅広い客層を持つのに対し、渋谷モディはアニメ、音楽、本、目的を持った来店が多く、ファンビジネスを意識した店舗展開をしているため」だと語る。

 また、今回のリニューアルのポイントを「小規模ブランドに合わせたスペース設計と、フード店舗の出店を可能にしたこと」と語るのはBASE上級執行役員COO 山村兼司氏だ。リニューアルでの主な変更点は、店舗面積を5坪から22坪へと拡大したこと、これまでニーズの高かったフードスペースを新設したことの2点。

 「アパレル・雑貨スペース」と「フードスペース」を設けることで相互の送客を見込んでおり、将来的にはコラボレーションなども想定している。フードスペースは当面テイクアウトのみの対応で、日本最大級の食特化Webメディア「macaroni(マカロニ)」の協力を得て運営する。ニーズの増えている飲食カテゴリの販促をサポートしていくねらいだ。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media