H2Oとローソンが提携、コンビニ「アズナス」全店を「ローソン」に転換

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ローソンのロゴ
H2O子会社のアズナス(大阪市)が運営する駅売店・コンビニの「アズナス」全98店舗を全て「ローソン」に転換する。(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 阪急阪神百貨店やイズミヤなどを傘下に持つエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングとローソンが包括業務提携した。H2O子会社のアズナス(大阪市)が運営する駅売店・コンビニの「アズナス」全98店舗を全て「ローソン」に転換する。

 両社は5月7日付けで包括業務提携契約を結んだ。アズナスのローソンへの転換は、7月26日から順次始める。また、阪急阪神百貨店がEC(インターネット通販)で販売する商品を、2021年度下期中にローソン店頭で受け取れるようにする。

 そのほか両社は、商品・物流やマーケティング、データ活用、サステナビリティの分野において具体的な提携内容を協議する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media