再掲:ネスレ日本、納品期限超過商品を無人機で販売、食品ロス削減へ

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ネスレの賞味期限が近づいた商品を販売する無人販売機
コーヒーショップ「ネスカフェ原宿」など全国5カ所に無人販売機を設置した

 ネスレ日本は6月17日、小売りへの納品期限を超過した商品を全国5カ所の無人販売機で販売し始めた。割安価格で販売することで、食品ロスの削減につなげる。

 食品ロス削減アプリを運用するみなとく(東京都港区)が開発した冷蔵機能付きの無人販売機を、「ネスカフェ原宿」(東京都渋谷区)や新宿郵便局(同新宿区)、JR名古屋駅のJRゲートタワー(名古屋市)など5カ所に設置した。

 販売価格は、「ネスカフェ エクセラ ボトルコーヒー 超甘さひかえめ 900ml」が税込105円(希望小売価格163円)、「ネスレ 大人のご褒美 宇治抹茶ラテ 6個」が213円(同267円)、「キットカット ミニ 15枚」が270円(同540円)など。

 購入の際は、みなとくの専用サイトから購入場所と商品を選択し、代金の支払いを済ませる。選択した無人販売機に印字されたQRコードをスマートフォンで読み取り、通知されたワンタイムキーを入力すると鍵が解錠され、商品を取り出すことができる。

 納品期限は食品業界の商習慣として取り決められており、小売りに製品を出荷できる期限が、製造日(または製造月)からの経過期間によって設定される。納品期限を過ぎた場合、出荷先が限定され、廃棄される場合がある。

※一部修正しました(6/22 9:14)。「賞味期限が近づいて小売業に納品できなくなった商品を」また「賞味期限まで残り1か月を切った商品は」という記載がございましたが、正しくは納品期限であり、その期限は製造日(月)からの経過時間で設定されています。今回ネスレ日本は、この納品期限を超過した商品を無人機で割安価格で販売することで食品ロスにつなげるという取り組みを開始しました。一部、誤解を招く表現がございました。訂正いたします。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media