カインズ リアル行動データプラットフォーム運営のunerryと資本業務提携

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

カインズ
カインズが推進するSBU(Strategic Business Unit・戦略事業単位)戦略において、人々の行動データを基にさまざまな顧客体験価値の構築をめざす。

 カインズは、リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank®」を運営するunerry(ウネリー)と5月26日に資本業務提携を結んだ。カインズが推進するSBU(Strategic Business Unit・戦略事業単位)戦略において、人々の行動データを基にさまざまな顧客体験価値の構築をめざす。

 unerryは、月間100億件以上の位置情報ビッグデータと、独自のIoTセンサーデータを活用し、人流をデータ化している。これらを元に、リテール実店舗の店舗集客や回遊促進、商品販促、リアルタイム混雑度評価などのリテールDXサービスを展開している。

 カインズは、中期経営計画「PROJECT KINDNESS」の柱のひとつSBU戦略において、圧倒的No.1カテゴリーの開発や、売場構成の標準化、販促・マーケティングの強化などに取り組んでいる。

 unerryとの提携で、顧客の店舗内での行動パターンや、どのあたりの場所からどの時間帯に来店したかなどの行動を分析したり、地域や消費者特性別に来店につながりやすい広告の方法などを解析する。

 カインズはunerryと組むことで、厚みを増した「くらしデータ」を商品開発や販促活動に生かし、メーカーとも連携して進めていくとしている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media