オイシックス、売上1000億円、当期純利益50億円を突破!低価格帯を強化するしたたかな理由

2021/05/21 05:57
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

オイシックス・ラ・大地(東京都/髙島宏平社長、以下オイシックス)は5月13日、2021年3月期決算説明会を行った。コロナ禍で特需ともいえる恩恵を受けた同社の通期決算は増収増益、目標としていた売上高1000億円を一年前倒して達成する形となった。

オイシックスラ大地

主力事業以外も軒並み好調

 オイシックスの21年3月期決算は、売上高1000億6100万円(対前年同期比40.9%増)、営業利益74億6500万円(同202.6%%増)、純利益50億3100万円(同536.7%増)と大幅な増収増益での着地となった。また、同社が重要指標としているEBITDA(利払い前・税引き前・償却前利益)は89億200万円で、同147.6%増だった。

 四半期を振り返ってみると、第1四半期では主力サービスのオイシックスが殺到した注文に対応しきれず、新規会員受付を一旦中止せざるを得なかったが、第2四半期では配送センターを急遽拡張し順調に会員数を増加。結果、オイシックス、大地を守る会、らでぃっしゅぼーやの主要3ブランド合わせて、約8万人の会員数純増となった。またARPU(1ユーザーあたりの平均売上金額)も、コロナの影響が強かった第1四半期をピークに段階的に落ち着きつつあるもののその後も好調に推移、前年比事業平均で約15%の増加となった。

 セグメント別の業績では、オイシックスが売上高498億6000万円(同39%増)、大地を守る会が139億7000万円(同33%増)、らでぃっしゅぼーやが177億円(同18%増)。とくに、19年4月に子会社化したヴィーガン向けミールキット宅配を行うアメリカの「パープルキャロット(Purpe Carrot)」、食品スーパー(SM)と提携して移動販売を行う「とくし丸」事業などを含むその他事業の売上高が189億2000万円(同99%増)と大きく伸長した。パープルキャロットの黒字化による影響も大きいとみられるが、オイシックスがそれぞれ協業する、三越伊勢丹ホールディングス(東京都/細谷敏幸社長)が行う宅配事業「ISETAN DOOR」、NTTドコモ(東京都/井伊基之社長)の会員向けのミールキット宅配サービス「dミールキット」がそれぞれ好調なことも要因のひとつ。とくに「ISETAN DOOR」ではサービス開始から約3年で会員数約4万人と、大地を守る会と同規模のサービスにまで今期成長をみせた。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media