第273回 中内㓛が元凶、ダイエーの首都圏レインボー作戦が頓挫した本当の理由

文=樽谷哲也(ノンフィクションライター)
Pocket

img_kakumei_main

評伝 渥美 俊一(ペガサスクラブ主宰日本リテイリングセンター チーフ・コンサルタント)

衆議独裁のあり方とは

 1969(昭和44)年1月、次兄の博との間を常に取り持ってきた末弟の力(つとむ)が専務を辞し、株式の半分を20億円で手放してダイエーを去ると、スーパーサカエと結んでいた大阪の南北エリアの店舗展開協定を、中内㓛は平気の平左衛門よろしく反故(ほご)にした。サカエのテリトリーである南エリアにダイエーの店舗を出店していくのである。大下英治『中内㓛のダイエー王国』(現代教養文庫・1993年)に、当時を振り返った中内博の回想が引かれている。

 「いつでしたか、調停が破られたことについて兄に言ったら、『お前のところが、早う出てこんからや。どうせ、他のスーパーが出てくるやろ。そしたら、お前とこの打撃も大きい。そやから、わしが出すのや』と言うんですね。わたしは、兄の性格をよう知ってますからね。まあ、しようがないな……と思っていましたけど」

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media