洋風食品専門店のサンクゼールが和のセレクトショップ「久世福商店」を立ち上げたきっかけとは?

松尾 友幸 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

商業施設への出店を中心に、「サンクゼール」「久世福商店」の2業態の食のセレクトショップを展開するサンクゼール(長野県/久世良太社長)。創業から40年以上の歴史を持つ同社は、商品の企画・開発から調達、販売に至るまでを自社で展開する食のSPA(製造小売)企業だ。本記事では「サンクゼール」「久世福商店」のコンセプトや取り扱い商品、コロナ禍の状況、今後の出店戦略について解説する。

「田舎の豊かさ」を提供する「サンクゼール」

サンクゼール店内
サンクゼール店内

 サンクゼールの創業は1979年。ペンション経営をしていた創業者夫妻が、近隣の農家から分けてもらったリンゴでつくったジャムを宿泊客に提供したのが始まりだ。徐々にそのおいしさの評判が広まり、長野県内のリゾート地の土産屋を中心に販売網を拡大。次第に全国の小売店に商品を卸すようになった(当時の社名は斑尾高原農場)。

 しかし、粗利率の高い商品を重視する当時の取引先と、多少価格が上がっても品質の高い商品を提供したいというサンクゼールの方針が合わなくなり、同社は自前での店舗展開を決意。99年には、軽井沢の大型商業施設に初の直営店「サンクゼール・ワイナリー軽井沢店」を開業した。

サンクゼールオリジナルのワイン
サンクゼールオリジナルのワイン

 「サンクゼール」は「Country Comfort(田舎の豊かさ、心地よさ)」をコンセプトに掲げており、1店舗当たりの売場面積は約30坪となっている。創業のきっかけとなったジャムのほか、パスタソースやワイン、シードルなどの洋風の商品を約600アイテム取り扱っている。最近では食卓に並べる「テーブルソース」に力を入れており、パンに塗って食べる「4種のチーズ&ベーコン」(702円:以下、税込)などが人気だ。

 

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media