阪神大震災の教訓から、故中内功ダイエー会長兼社長が語った危機管理と商売のあり方とは

千田直哉
Pocket

1995年1月17日。
故中内功ダイエー会長兼社長(当時)が東京都大田区田園調布の自宅で起床したのは午前5時30分――。テレビニュースで阪神大震災を知り、隣に住んでいた中内潤副社長(当時)を電話で叩き起こした。午前7時。浜松町オフィスセンターに到着した中内潤副社長に移動中の自動車電話から、潤氏を本部長に災害対策本部を設置せよと指示した。政府が対策本部を置く3時間も前の出来事であり、長い闘いの始まりだった。

阪神・淡路大震災の追悼と街の復興を祈念した神戸ルミネリエ(SeanPavonePhoto/istock)
阪神・淡路大震災の追悼と街の復興を祈念した神戸ルミネリエ(SeanPavonePhoto/istock)

故中内功氏が語ったダイエーの精神

 その後中内功さんとダイエーは、この大震災と正面から対峙して、一民間企業の役割を遥かに超える執念と速度でライフラインを死守していく。流通業とは関係ない業種の人たちもいまだにあの時の中内さんを覚えているという。

阪神大震災でダイエー住吉店は全焼した。
阪神大震災でダイエー住吉店は全焼した。

 約2か月後となる 1995年3月9日。ダイエーグループの1995年度4月合同入社式が東京郵便貯金会館(東京都)で1113人を集めて開かれ、中内さんは以下のような話をした。

 「時は、あたかも天下大乱の兆しを見せている。この天下大乱は10年以上続くだろうと予想している。今年に入っては阪神大震災が発生した。円相場も1ドル50円くらいまでの円高になる可能性がある」

 「ダイエーグループ自体も、この2月期の決算で265億円の赤字を計上する。震災を通じて、新しいダイエーをどう創っていくかという課題を我々はしっかり受け止めなければならない」

 「今年を復興3カ年計画のスタートの年と考えたい。新入社員の皆さんも主体性を持って、この復興3カ年計画に参加していただくことをお願いしたい。この国において、本当の意味のチェーンストアを確立しよう」

 「我々ダイエーグループはマーチャントとして、もう一度レーゾンデートル(存在意義)を考える必要がある。かつてのマーチャントはシルクロードを歩き、大航海時代を経験してきた。単にモノを運ぶだけでなく、文化・文明をつくり上げてきた。我々もマーチャントとして単に生活必需品を売って稼ぐだけでなく、この国における新しい文化、新しいモノの考え方をつくることに貢献することが大事である」

 「日本社会の構造的転換が起きている。会社においても終身雇用・年功序列は過去の神話になり、実力の時代、プロフェッショナルの時代が始まった。何ができるかを問われる時代が来た。ダイエーグループも、プロフェッショナルの集団になることが必要である」

 「生涯学習を今日から始めていただくことをお願いしたい。皆さま方一人ひとりが、創造性豊かで自主・自己責任に基づく世界の中の日本人として、一人前のプロフェッショナルに成長することをお願いしたい」

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media