21年夏、名古屋エリアで開始へ!バローがアマゾンとネットスーパーで協業 その背景は?

Pocket

東海地方を中心に食品スーパー(SM)を展開するバロー(岐阜県/田代正美社長)がアマゾンジャパン(東京都/ジャスパー・チャン社長)と協業してネットスーパーを開始することを発表した。ライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長:以下、ライフ)との協業に続き、アマゾンジャパンがSMとタッグを組むのは2社目となる。

アマゾンはバローと協業してネットスーパーを開始する
アマゾンはバローと協業してネットスーパーを開始する

バローの約8000品目がアマゾンで購入可能に

 アマゾンジャパンとバローは2021年の夏をめどに、「Amazon Prime(アマゾン・プライム)」会員向けサービスとしてアマゾンのWebサイトおよびアプリ上にバローのストアをオープンする。生鮮食品やバローのプライベートブランドなどを含む、リアル店舗で取り扱う商品約8000品目がアマゾンで購入できるようになる。なお、配送料金や配送時間帯については協議中とのことだ。

バローの生鮮食品を含む約8000品目がアマゾンで購入可能となる
バローの生鮮食品を含む約8000品目がアマゾンで購入可能となる

 アマゾンジャパンはすでにネットスーパー事業において、自社で仕入れ・販売を行う「アマゾンフレッシュ」で関東エリアに、ライフとの協業で関東・関西エリアに進出している。今後事業を拡大するうえで東海エリアへの事業拡大を図るアマゾンジャパンと、ネットスーパー強化の必要性を感じていたバローの方向性が合致し、協業に至った。ECとしてのアマゾンの会員地盤や配送ネットワーク、バローの東海地方を軸とする約240店の店舗網や製造小売業としての企業体制などお互いの強みを生かしながら、東海地方において豊富な品揃えや高い利便性を提供できるネットスーパー事業を展開したい考えだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media