なぜドラッグストアは一人勝ちできたのか? 『ドラッグストア拡大史』著者が語る

2021/03/31 05:55
『ダイヤモンド・ドラッグストア』誌編集部
Pocket

ニュー・フォーマット研究所代表取締役で月刊『マーチャンダイジング』主幹の日野眞克氏が『ドラッグストア拡大史』(イースト・プレス刊)を著した。日本では最後に登場し、平成期に大きな成長を遂げたドラッグストア(DgS)の歴史をわかりやすく解説している。日野氏に出版の経緯やDgSへの思いについて聞いた。

聞き手・構成=小木田泰弘(『ダイヤモンド・ドラッグストア』誌編集長)

i-stock/Wavebreakmedia

規制、競争環境、消費者の変化を時系列で整理

――『ドラッグストア拡大史』出版の経緯を教えてください。

日野 2019年12月頃に出版社のイースト・プレス(東京都)さんからお声掛けいただだいたのがきっかけです。イースト・プレスさんはコンビニエンスストアや百貨店など、日本の小売業態の歴史をまとめた新書シリーズを出版していて、知人を通じて「DgSの歴史を書いてみませんか」と打診があったのです。日本のDgSの歴史をまとめた本はほとんど存在せず、「私が適任なのか」という思いがあったものの、平成期になぜDgSが大きく成長できたのかをあらためて整理したいという気持ちが強く、執筆を引き受けました。編集者からDgS企業の創業者や経営トップのエピソードを多く盛り込んでほしいとお願いされていたので、可能な限り客観的に書くことを心掛けました。これが執筆でとても苦労した点です。

――1997年に独立し、月刊『マーチャンダイジング』を創刊しました。ちょうどDgSが大きく成長しようとしていた頃です。

日野 ニュー・フォーマット研究所を立ち上げたのはちょうど「第二次ドラッグストア成長期」(90年代半ば~2000年代末)に当たります。『ドラッグストア拡大史』では、大規模小売店舗法(大店法)をはじめとした規制と競争環境、そして消費者の変化を時系列で整理しながら、DgSの成長をたどりました。

――「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という格言を要所で用いています。

日野 20代の頃、「日本の小売業は6社しか生き残れない」と論じた本が売れていました。「ダイエー」「イトーヨーカドー」「ジャスコ(イオン)」「西友」「マイカル」「ユニー」です。結局、「イトーヨーカドー」「ジャスコ」の2社しか生き残ることができませんでした。現在、DgS業界は大手数社しか残らないといわれていますが、それは“かつて見た光景”で歴史が証明しているといえます。ただし、日本のDgS業界がそのようになると、実は私は思っていません。とくに調剤が強いローカルDgSチェーンは勝ち残るでしょう。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media