フルーツサンド1つで大ブームをつくったローカルスーパーマーケットに学ぶマーケティングと次なる成長戦略!

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

見るべき店大

核商品開発で一躍有名店に!「ダイワ」、接客とSNS活用により「人の魅力」で勝つ

1つの核商品の開発により一躍全国的に有名になったローカル食品スーパー(SM)がある。愛知県岡崎市で大和(愛知県/大山皓生社長)が運営する「ダイワ」だ。同社は商品開発はもちろんのこと、独自のPOPやチラシ、SNSなどを活用した顧客とのコミュニケーションにより、競争激しいSM業界において多くのファン獲得に成功している。

「ダイワ」の外観
愛知県岡崎市にある「ダイワ」。フルーツサンド発売後は店の前に長い行列ができるほどの人気ぶりだった。現在もSNSなどで情報を知った人が全国から訪れる

SMの強み「青果」を訴求、カフェや専門店も出店

 「ダイワ」は名鉄名古屋本線「宇頭(うとう)」駅から南へ約50mにある。2020年で創業50周年を迎えた、一見、昔ながらのSMだ。同店が全国的な有名店になったきっかけは、看板商品のフルーツサンドだ。「八百屋の作る本気のフルーツサンド」と銘打ち、SMの強みである鮮度の高い果実をふんだんに使用。そのボリューム感と、インパクトのあるカラフルな断面が「SNS映え」するとして「Instagram」で話題を集め、いまやこれを買い求めに全国各地から同店にお客が訪れる。

ダイワのフルーツサンドのコーナー
フルーツサンドのコーナー。店舗での販売数量は、平日で1日500個、土日には1000個にのぼる

 この強力な核商品を生み出したのは、18年に24歳という若さで大和の2代目社長に就任した大山皓生氏だ。それまで大山社長の祖父が会社を経営していたが、出店競争が激化する昨今、経営環境が悪化し毎年赤字状態が続いていた。

 そこで大山社長が経営の立て直しに動く。知識ゼロの状態から市場での仕入れのノウハウやSMの経営を学び、地域に根差した接客・店づくりで近隣住民の支持を得ていった。

 しかし、将来的な成長にはより広域からの新規顧客の獲得が重要として、「店に行列ができるような商品」づくりに着手する。かつてたこやき店で働いていた大山社長の経験から、まずは屋台の人気メニューであるかき氷を、果物をふんだんに使ってアレンジして販売。これがSNS上で反響を呼んだことから、次は夏場に限らず通年で販売できる商品として18年7月に開発されたのがフルーツサンドだ。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media