ジャパネットが約50億円の投資ファンド設立、スポーツ・地域創生事業を強化

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ジャパネットと米ペガサステックベンチャーズのゴロ
米ペガサステックベンチャーズと共同でベンチャー投資ファンドを設立する

 ジャパネットたかたを傘下に持つジャパネットホールディングス(HD)は、米ペガサステックベンチャーズ(カリフォルニア州)と共同で、約50億円のベンチャー投資ファンドを設立する。

 ジャパネットHDはサッカークラブのV・ファーレン長崎やバスケットボールクラブの長崎ヴェルカを子会社として抱えており、スポーツ・地域創生事業を通信販売事業に次ぐ2つ目の柱と位置づけている。投資ファンドの立ち上げにより、2024年に開業を予定しているサッカースタジアムや商業施設、ホテルなどの複合施設「長崎スタジアムシティ」で活用できる新たなサービスや子どもの教育、シニア層の生きがいにつながるような技術を持つ企業に投資する。

 ペガサス社は米国シリコンバレーに本社を構え、世界35社以上の大手企業から出資を受け入れている。大手企業のイノベーションを支援するためのベンチャー投資を基本としており、これまでに世界180社以上のスタートアップに投資した実績がある。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media