DXに投資すると、リアル店舗のリピーターが増える明確な理由

染谷 剛史(ナレッジ・マーチャントワークス株式会社 代表取締役)
Pocket

重要性が高まる実店舗での顧客体験価値

 それではなぜ「従業員の能力を拡張するためのDX」が必要なのでしょうか。それは、コロナ禍でますます加速している「オンライン(EC)とオフライン(実店舗)の融合」により、実店舗での顧客体験価値(CX)の重要性が高まったからです。

 消費者は状況によって、ECと実店舗を使い分けることが当たり前となりました。たとえば、初めて買うときは実際に見たりさわったりしたいため実店舗を、2回目以降はすでにその商品のことを理解しているためECを利用するといった具合です。しかし、実店舗で初めて買うときにCXが高くなければ、ECでのリピートにはつながりません。そのため、ECでの購入を増やすためには、実店舗でのCX向上が重要な役割を担っているのです。

従業員の能力拡張が顧客体験価値向上につながる

 店舗は顧客との接点であり、両者の間には「サービス」が生産されます。サービスを提供する店舗のスタッフが持つ商品知識や専門スキル、そして店舗やブランドに対するエンゲージメントの高さはCXの向上に直結します。

 また、前述のように人口減少によって、薄利多売の商売だけでは経営が厳しくなることを考えると、実店舗のサービスにおいては、顧客の生活における「課題解決」や「願望実現」も行う必要があります。そのようなサービスを受けられることも来店動機となり、消費者が店舗を選ぶ基準の1つになります。

 これらのことを踏まえると、スタッフの教育はもちろんのこと、スタッフが自らの能力を高めることに注力できるような働きやすい環境づくりも必須です。そのために必要なのがDXへの投資です。

 後編では、少子高齢化が進み新規顧客の獲得が難しいなかで、リピーターが増えているかどうかを判断する経営指標の考え方について解説します。

 

プロフィール

染谷 剛史 (そめや たけし)

1976年、茨城県生まれ。大学卒業後リクルートグループに入社。アルバイト・パートの求人広告営業を経て、営業企画・商品開発を担当。2003年、株式会社リンクアンドモチベーションに入社し、サービス業の採用・組織コンサルティングに従事。2012年に同社の執行役員に就任し、新規事業開発やカンパニー長を歴任した後、2017年にナレッジ・マーチャントワークスを設立。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media