コロナで失速したGDOが“コロナに強いゴルフ”の恩恵を享受するために必要な逆説的戦略とは

Pocket

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)の2020年12月期(20年1~12月)連結決算は、売上高が336億9000万円(対前期比1.7%減)、営業利益が8億3800万円(同14.3%減)、純利益は2億6100万円(同27.1%減)となった。新型コロナウイルス感染症(コロナ)拡大の影響を受け失速した格好だが、ゴルフのプレー需要は復調傾向にあり、2021年は大幅な増益を見通す。今期は“コロナに強いゴルフ”の恩恵を最大限に享受できるのか、その真価が問われる1年となる。

ゴルフはコロナに強いにもかかわらず、コロナに振り回されたGDO。21年度、捲土重来のために必要なこととは
ゴルフはコロナに強いにもかかわらず、コロナに振り回されたGDO。21年度、捲土重来のために必要なこととは

コロナに翻弄された1年

 GDOにとって、2020年は新型コロナに良くも悪くも翻弄された1年だった。

 幸先の良いスタートを切った第1四半期だが、新型コロナが拡大し4月に緊急事態宣言が発令されるとゴルフグッズ店やゴルフ場の閉鎖が相次ぎ、第2四半期は大きく低迷。それでも夏場を迎え、ゴルフが三密を避けやすい野外スポーツとして再認識されると徐々に売上を回復。第4四半期には、前年同期比で1割以上の増益を達成するまでに復調した。

 2020年は拡大しつつあったゴルフ人口を取り込み、業績を大きく伸ばす1年となるハズだった。ところが新型コロナが発生し、想定は白紙になる。まさかの事態に、同社も2020年を「特殊な1年」と表現するしかなかった。

大復活への4つの根拠

 それだけに2021年は、捲土重来を期する1年となる。2021年の通期の連結業績予想は、売上高378億円(前年比12.2%増)、営業利益11億円(同31.1%増)、純利益5億4000万円(同20.1%増)を見込む。新型コロナはいまだ終息へ向け不透明感が拭いきれない状況にあるものの、数字には2020年の低迷を払拭する強気の姿勢が反映されている。

 もちろん根拠はある。1つ目が、第4四半期に鮮明になった回復の兆しだ。2020年上期は、緊急事態宣言によるゴルフ場閉鎖等がボトルネックとなり、顕在ニーズを取りこぼしたが、下期にかけ、急回復。この流れに加え、2021年は十分な対策やワクチン接種等による新型コロナ終息の道筋もみえつつあり、顕在化した新規のゴルフ人口のさらなる増加と浸透が期待できる。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media