「バイヤー必見!今行くべき専門店」第10回 競争激化中の「サンドイッチ」 圧倒的な存在感を放つ専門店3選

2021/02/12 05:55
Pocket

 サンドイッチといえば、日本でもすでに馴染みの深いメニューで、食品スーパーからコンビニエンスストア、パンの専門店、カフェ、高級ホテルのレストランまで、幅広い店で提供されています。

 そんなサンドイッチが今、あらためてブームを巻き起こしています。たとえば、野菜やフルーツなどをふんだんに挟んでカットした、SNS映えする断面を特徴とする「萌え断」なサンドイッチや、とろ~りと溶けたチーズが食欲をそそる「メルティ系」サンドイッチなど、個性的な商品が数々登場し話題を集めています。

 また、身近なコンビニのサンドイッチもずいぶん改良されました。シンプルで低価格なものから、わざわざ買いに行きたくなるほどの専門店顔負けのこだわり商品まで販売されるようになっています。このようにサンドイッチ市場の競争が激化するなか、食品スーパー各社ではどのような観点で差別化を図っていくべきなのでしょうか。その参考にしてもらうべく、今回は「ご馳走サンドイッチ」や進化系の「ネオ・サンドイッチ」とも言われる、最先端のサンドイッチを提供する専門店を紹介します。※新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、営業日時を変更している場合があります。詳細は、各店舗のホームページや公式SNSでご確認ください。

①まるで〇〇を訴求しよう!
「DAY&NIGHT」

カフェ「DAY&NIGHT」の内観。まるでニューヨークの一角にあるような洗練された空間演出がなされている
カフェ「DAY&NIGHT」の内観。まるでニューヨークの一角にあるような洗練された空間演出がなされている

  こちらは東京・広尾エリアにある、まるでニューヨークの一角にあるようなカフェです。同店では、シンプルな「BLT(ベーコンレタストマト)」から、ニューヨークでは定番のステーキがたっぷり入った「フィリーズチーズステーキ」、旬の果実を使った季節性を反映したメニューまで、さまざまなサンドイッチを販売しています。

 特筆したいのは、味が美味しいことはもちろん、見た目がおしゃれな点です。どれも奇をてらったようなものではなく、センスが光ります。

 「まるでニューヨークのような」と記述しましたが、そうしたシーンの演出は重要です。人は五感すべてを使っておいしさを感じます。消費者が SNS を活用し気軽に情報を発信できる今、商品を演出することは付加価値向上に有効です。

 たとえば、売場や商品の見た目、包材などの工夫によって「まるで〇〇」と言われるような商品開発を意識しみてはいかがでしょうか。

ニューヨークでは定番のサンドイッチ「フィリーズチーズステーキ」。スライスしたステーキとグリルオニオンにたっぷりのチーズが入る
ニューヨークでは定番のサンドイッチ「フィリーズチーズステーキ」。スライスしたステーキとグリルオニオンにたっぷりのチーズが入る

「DAY&NIGHT」
所在地      東京都渋谷区恵比寿2-39-5
営業時間    モーニング9:30~11:00、デイタイム11:00~16:00
        ディナータイム16:00~21:00 
定休日     不定休

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media