青山商事、パーティ用スーツ・ドレスのレンタル専用サイトを立ち上げ

2021/01/21 09:45
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

青山商事が新たに立ち上げたパーティー用スーツやドレスのレンタル専用サイト「here:kari(ハレカリ)」のイメージ
レンタル料金は、男性向けパーティスーツが1万5000〜2万円、女性向けパーティドレスが5000〜9000円など

 紳士服専門店大手の青山商事は1月20日、パーティ用スーツやドレスなどのレンタル専用サイト「hare:kari(ハレカリ)」を立ち上げた。従来は「洋服の青山」と「ザ・スーツカンパニー」の公式サイトでそれぞれレンタルサービスを運用してきたが、レンタル専用のサイトに統合した。

 ハレカリでは、男性向けのタキシードやパーティースーツ、女性向けのお受験スーツ、パーティドレスなど6アイテムのほか、シューズ、バッグなども用意した。また、新サイトの立ち上げに当たって、男性向けパーティスーツの種類を2倍、女性向けパーティドレスを6倍以上に増やすなど、品揃えを拡充した。

 レンタルの予約は商品受け取り希望日の60日前から10日前まで受け付け、商品は利用者の自宅に配送する。料金は、男性向けパーティスーツ(22種類)が1万5000〜2万円(税別)、女性向けパーティドレス(44種類)が5000〜9000円など。

 レンタル期間は4泊5日で、使用後は宅配便で返却する。クリーニングは不要となっている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media