ドコモ、食のEC事業などに進出、グッドイートカンパニーを子会社化

2021/01/13 11:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ドコモのロゴ
NTTドコモは1月12日、食の領域における新たな事業展開に向け、グッドイートカンパニー(東京都渋谷区)と資本業務提携すると発表した。写真は2017年6月、東京の販売店で撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

 NTTドコモは1月12日、食の領域における新たな事業展開に向け、グッドイートカンパニー(東京都渋谷区)と資本業務提携すると発表した。第三者割当増資を引き受け51%を出資、グッドイートカンパニーを子会社化する。

 グッドイートカンパニーは、「WIRED CAFE」など約80店舗を展開するカフェ・カンパニー(同)が2019年に設立した会社。ドコモはカフェ・カンパニーとも業務提携を結び、ドコモが持つ「dポイント」「d払い」など7800万人以上の会員基盤とカフェ・カンパニーの外食産業における知見を生かし、グッドイートカンパニーを通じて新たな事業を展開する。

 具体的には、名店の味や匠の技を活用した商品など食のEC(インターネット通販)事業、食に関するコミュニティの運営や新店舗開発、飲食店のプロデュース事業などに取り組む予定だ。まず、ECサイトの「GOOD EAT CLUB」を1月21日にオープンし、内容を随時充実させていく。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media