イトーヨーカドーやクイーンズ伊勢丹が併設 大幅増益の良品計画がSM機能を重視した出店を強化する理由

2021/01/13 05:55
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

「無印良品」を展開する良品計画(東京都/松﨑曉社長)は、20218月期第1四半期の決算を発表した。食品が好調に推移したほか、販促セールを実施しなかったことなどが奏功し増収増益となった。今後は食品スーパー(SM)の機能を強化した店舗やSMに隣接する店舗の出店を強化する方針だ。
※業績の増減比は、前期が決算期変更による半年決算のため、20年8月期第1四半期ではなく、20年3月期第3四半期(19年9~11月)との比較を掲載(良品計画が公表しているデータブックに準じる)。

海外では東アジア事業が好調

 良品計画の20218月期第1四半期(20911月)決算は、営業収益1149億円(対前年同期比2.9%増)、営業利益131億円(同42.6%増)、経常利益134億円(同29.1%増)、四半期純利益122億円(同69.3%増)の増収増益だった。レトルトカレーなどを中心に食品の売上が同61.4%増と好調だったほか、新型コロナウイルスの感染リスクを低減するため、販促セールの「無印良品週間」を一度も実施しなかったことによる販管費削減・定価販売の継続などが好業績につながった。

良品計画2021年8月期第1四半期では、食品の売上が好調だった(写真は「無印良品 東京有明」の売場)
良品計画2021年8月期第1四半期では、食品の売上が好調だった(写真は「無印良品 東京有明」の売場)

 エリア別の業績を見ると、国内事業の営業収益は同1.4%増、営業利益は同27.3%増と堅調に推移。海外事業では、営業収益は同5.7%増、営業利益は同83.9%増の増収・営業増益となっている。中国や台湾などの東アジア事業が海外事業を牽引しており、営業収益は同19.3%増、営業利益は65.4%増と好調だ。新型コロナウイルスによるロックダウンなどの影響が大きい欧米事業は赤字だが、損失幅は縮小している。今後、海外事業については好調な中国や台湾、タイに注力し、売上の底上げを図る考えだ。

 

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media