コロナ直撃の2020年 模索が続くコンビニ業界のいまにフォーカス

森田俊一(流通ジャーナリスト)
Pocket

コンビニの現在地

24時間問題にコロナ禍「内憂外患」の2020年

 コンビニエンスストア(CVS)業界にとって、2020年は「分水嶺」の1年だった。

 セブン&アイ・ホールディングス(東京都/井阪隆一社長:以下、セブン&アイ)が米国の大手CVSチェーンを2兆2000億円という巨額を投じて買収、ファミリーマート(東京都/澤田貴司社長)は親会社である伊藤忠商事の完全子会社となり上場廃止になるなど、ビッグニュースが相次いだ。背中を押したのは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media