第16回 マスアイテムが客数を増やす

日本リテイリングセンター シニア・コンサルタント 桜井多恵子
Pocket

スーパーマーケット再創造

1店1日300個以上売れる品目が自社にあるか

 スーパーマーケット(SM)は毎回異なる商品を特売にかけることがお客を引き寄せる方法だと考えがちだ。しかしお客の立場からいえば、頻繁に購入する必需品こそ、いつでも同じ低価格で提供してくれるほうがありがたい。前回の連載で述べたEDLP(エブリデー・ロープライス)販売である。

 その必需品は、どのSMでも同じ品目だ。企業によって扱うブランドや仕入れ先が異なってもお客の用途は同じであり、SKUは違っても同じ品目なのである。そして、それらは客層が広く、購買頻度が高いベーシック商品だ。

 日本リテイリングセンターでは会員企業各社の販売数量の多い品目を定期的に調査している。その結果、SMの大量販売品にリストアップされる多くの品目は各社で共通している。企業によって異なるのは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media