新しいSMの形を提示!サミット、新・中計「GG2022」を 具現化した「五反野店」の売場づくりに迫る

2020/12/18 05:57
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵

浮いた人時でお客との
コミュニケーション強化

 さらに「ハイテック」の施策として、約20台ものセルフレジを導入した。サミットはこれまで、セルフレジを都市型小型店で実験的に導入してきた。大型店にこれだけの台数を設置したのは初の試みとなる。

 そうして浮いた人時を、サミットは接客やサービス向上につなげるねらいだ。たとえば同店では、サミットが近年、新店を中心に配置してきた接客専任の「案内係」を、1~2名体制の既存店と比較して多く配置したという。また、来店客から要望のあった商品を揃えるコーナーも大きく設けている。

五反野店では、約20台ものセルフレジを導入した
五反野店では、約20台ものセルフレジを導入した
■来店客から要望のあった商品を揃えるコーナー。写真の売場以外に、ゴンドラエンド部分にも同じコーナーを設けている
来店客から要望のあった商品を揃えるコーナー。写真の売場以外に、ゴンドラエンド部分にも同じコーナーを設けている

地域住民とともに
よりよい店をつくる

 それ以外にも五反野店では、地域とのつながりを構築するためのさまざまな工夫が見られた。

 たとえば開店準備の際、SNSを通じて地域に根差して営業するデザイン事務所の存在を知り、イートインコーナーに飾る絵の制作を依頼した。またこちらもSNS上で、サミットの開店を待つ地域住民が「店頭に生えている木がイルミネーションされ、地域を明るくしてくれると嬉しい」という内容のコメントしていたことを受け、実際に電飾を施した。服部社長は「このような積み重ねによって、近隣住民の皆さんにサミットを地域の一員として認めていただき、ともによりよい店をつくっていきたい」と話す。

イートインコーナーに飾られている、地元のデザイン事務所の女性が制作した絵。創業時から地域で愛され続ける、五反野店の変遷が描かれている
イートインコーナーに飾られている、地元のデザイン事務所の女性が制作した絵。創業時から地域で愛され続ける、五反野店の変遷が描かれている

 五反野店の初年度の年商目標は約35億円で、将来的には50億円を達成できるような店をめざす。サミットはGG2022で掲げるビジョンを実現するべく、同店での成功事例を既存店にも波及していく方針だ。

【サミットストア五反野店 概要】
所在地 :東京都足立区中央本町 2 -26-13
営業時間:9:00~25:00
売場面積:2102㎡

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media