外からは見えない!OBが明かす、ヨークベニマルの強さの秘密とは?

2020/11/30 05:50
ダイヤモンド・チェーンストア編集部

ヨークベニマル大

人口減少が進む東北地方を主商圏としながら、躍進を続けるヨークベニマル。なぜ、同社は厳しいマーケットで競合に打ち勝ち、成長し続けることができるのか。ヨークベニマルの加工食品・デイリー部門で、チーフ、バイヤー、スーパーバイザーを歴任した、Asano Grocery Academyの浅野義昭氏が解説する。

福島という風土がベニマルを強くした!?

Asano Grocery Academy 浅野義昭 氏
Asano Grocery Academy 浅野義昭 氏

 ヨークベニマルの強さはどこにあるのか。私は、地盤とする福島県の「風土」が、ヨークベニマルを強くした要因の1つだと考えている。

 福島県は、「浜通り」「中通り」「会津」と大きく3つのエリアにわけられる。海側の浜通りは、比較的温暖で、東北地方にしては米や野菜がよく育つという特徴がある。奥羽山脈と阿武隈高地に挟まれた中通りは、須賀川や白河といった小さな町がいくつもあり、夏は蒸し暑く、冬は冷たい風が吹く。会津は寒暖差が最も激しく、冬にはたくさんの雪が降る。

 このように、福島県の地勢はエリアによって大きく違う。そのため、豆腐にしても、油揚げにしても、地域によって売れる種類、あるいはサイズが異なる。コールドチェーンが発達していなかった頃の名残で、とくにチルド系の日配などは売れるものが違うのだ。

 こうした、県や地域単位よりも狭い範囲で、消費者のニーズにきめ細かく対応していく“癖”が文化として定着していることが、ヨークベニマルの強さではないだろうか。

 一方で、そうした地域に根ざした商品のつくり手は、時代とともに徐々に減っていくものだ。しかし、そのような商品は食生活に欠かせないものでもある。

 ほかのチェーンでは、ある商品がダウントレンドに入るとすぐに販売を弱めてしまう。たとえば、

続きを読むには…

この記事は、有料会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+有料会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media