アイリスオーヤマ、医療用マスクと除菌ウェットティッシュを国内で生産

2020/11/20 11:20
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

 アイリスオーヤマは11月19日、医療機関で不足している医療用N95マスクと、品薄状態が続いている除菌ウェットティッシュを国内で生産すると発表した。中国に依存する供給体制の見直しを進める。

 宮城県角田工場(角田市)に約10億円を投じて生産設備を導入する。医療用N95マスクを月1万枚、除菌ウェットティッシュを月100万個生産する能力を備える。生産設備の稼働は2021年秋を予定する。

 また、茨城県阿見町のつくば工場には延床面積約1万7800平方メートルの第2倉庫を新設し、感染症対策商品や生活必需品を備蓄、有事の際にも安定供給できるサプライチェーンを構築する。投資額は約25億円を見込んでおり、21年度中に完成させる。

 アイリスオーヤマはこれまで、中国の大連工場と蘇州工場の2拠点での生産に加え、角田工場にもマスク生産設備を導入、日本に月間2億3000万枚を供給できる体制を整えてきた。中国での感染拡大時にマスクの資材である不織布の調達が困難になったことをふまえ、角田工場内には資材製造設備も導入している。

アイリスオーヤマ マスク生産拠点の図
画像はアイリスオーヤマプレスリリースより

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media