コロナ禍で際立つセブン-イレブンとスギHDの優れた「変化対応」とは?

2020/11/18 05:50
渡辺林治(流通アナリスト)

りんじのアドバイス メイン

明暗わかれた上期決算経営者は何をすべきか

 小売業が上期決算を発表中だ。本稿執筆時点では、まだすべての企業の決算が出そろっていないものの、各社の業績は厳しい。消費増税で苦しんだ前期に続き、今期もコロナ禍により減益基調となりそうだ。

 業態別に業績を見ていこう。とくに厳しかったのが、インバウンド消滅と店舗休業の“ダブルパンチ”を食らった百貨店だ。J.フロントリテイリング(東京都)は163億円、髙島屋(大阪府)は233億円の最終赤字を計上。テナントに入るアパレルも厳しく、オンワードホールディングス(東京都)も152億円の最終赤字に沈んでいる。

 次に厳しかったのがコンビニエンスストア(CVS)だ。コロナ禍で消費者の一部が在宅勤務となり、オフィス立地の需要が激減。景気悪化を受け所得が減少し、節約志向も強まった。こうした影響により

続きを読むには…

この記事は、有料会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+有料会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media