一流ホテルから学ぶ店舗ビジネスの4つのホスピタリティ戦略

2020/11/11 05:55
成田直人

こんにちは、成田直人です。前回は、私が沖縄に新しくできたハレクラニホテルでの宿泊で体感したホスピタリティを店舗ビジネスに置き換えるための7つのポイントの内3つを紹介しました。今回は、残りの4つを紹介したいと思います。

SolStock / iStock
SolStock / iStock

何気なくすごい 一流ホテルの店舗管理

 前回紹介した3つのポイントは、

  1. 名前で呼ぶ
  2. 常に笑顔を絶やさない
  3. 困っていればすぐに声をかけてくれる

でした。興味のある方はバックナンバーをぜひご一読いただいてから本編を読み進めると理解が深まるかと存じます。では、本編へといきましょう。

4.商品陳列に乱れがない

 私が中でも関心したのは、お土産フロアの商品の陳列の仕方です。まるでアパレルショップのようにきれいに陳列されていました。アイテム数も商品量も少なくないにも関わらず、少ない人数でお客さまに気づかれないタイミングで店内の商品の手直しをまめにされていました。当たり前な話ですが、せっかく購入するなら埃のついてないきれいな商品を購入したいものですよね。あなたの店にはなかなかお客さまが触れない商品にほこりをかぶっていたりしませんか?

5.ホテル外にごみが一つも落ちていない

 私は、ボディビルの大会出場に向けて、有酸素運動(毎日5キロほどのランニング)を取り入れています(本稿執筆時点)。天気も良かったため外を走ったのですが、とにかく葉っぱ一つと言ったらうそになるかもしれませんが、ごみが落ちていないのです。これには感激を通り越してどうやってオペレーションしているんだろうと不思議に思ったほどです。(ちなみに芝生はロボットが刈っていました)ホームセンターやスーパーマーケットには大きな駐車場があります。駐車場はごみを放置されやすい場所でもありますよね。定期的な見回りはもちろんされていると思いますが、頻度を増やすというだけでも印象は大きく変わりそうですね。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media