ファストリ、島精機との合弁会社を子会社化、マザー工場としての役割を強化

2020/09/17 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ユニクロロゴ
ファーストリテイリングは9月16日、島精機製作所(和歌山市)との合弁会社であるイノベーションファクトリー(同)を子会社化すると発表した。(2020年 ロイター/Heo Ran)

 ファーストリテイリングは9月16日、島精機製作所(和歌山市)との合弁会社であるイノベーションファクトリー(同)を子会社化すると発表した。出資比率を現在の49%から51%に引き上げ、マザー工場としての役割を強化する。

 ファストリは2016年、島精機の100%子会社だったイノベーションファクトリーに出資し、合弁会社化した。コンピューター制御横編機で世界をリードする島精機が持つホールガーメント(無縫製ニット)技術を生かし、高付加価値なニット製品を生産しており、生産システムや技術面で各国の工場のモデルとなるマザー工場としての役割も担っている。

 子会社化に伴って、21年春をめどにイノベーションファクトリーをファストリの有明本部(東京都江東区)近くに移転し、規模を拡大する。立体的な「3Dニット」を中心とするニット製品の生産システムを確立し、ベトナムや中国などの海外生産拠点にノウハウを伝えていく。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media