大打撃のCVSの起死回生?ネットコンビニで儲ける方法

2020/09/17 05:55
ダイヤモンド・チェーンストア編集部

コンビニの現在地

コロナ禍で売上減に沈むCVS各社

 「オフィス街にある店舗が、(新型コロナウイルスの感染拡大により)大きな影響を受けている」

 コンビニエンスストア(CVS)大手の首脳は異口同音にそう話す。

 新型コロナウイルス感染拡大により、CVSの売上高は大きく落ち込んでいる。CVS大手3社の既存店売上高を見てみると、セブン-イレブン・ジャパン(東京都:以下、セブン-イレブン)は5月が対前年同月比5.6%減、6月は同1.0%増と水面から顔を上げたかに見えたが、7月は再び同5.1%減に沈んでいる。

 2位のファミリーマート(東京都)は、5月が同11.0%減、6月が同8.2%減、7月が10.8%減、ローソン(東京都)も5月が同10.2%減、6月が同5.8%減、7月が同8.9%減と、これまでの成長ぶりを踏まえると、考えられなかった売上減にあえいでいる。

都内オフィスのエスカレーターに乗る人
5月ロイター企業調査で、新型コロナウイルスへの対応としてテレワークの導入した企業は、調査対象企業の9割に上ったことが分かった。実施してみて業務効率化に有効だとした企業は、62%に上り、うち「かなり有効」との回答は5%だった。都内で5月14日撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 会社員の勤務形態の変革が進み、リモートワークを導入するところが増え、オフィス立地ではこれまでのような需要が見込めなくなっている。また、コロナ禍以前はインバウンド(訪日外国人)消費が伸び続けていたこともあって、各CVSチェーンは観光地にも積極的に出店してきた。しかしコロナ禍によりインバウンドは“消滅”状態となり、観光地立地の店舗は大打撃を受けている。

続きを読むには…

この記事は、有料会員限定です。
有料会員登録すると読むことができます。

有料会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media