ヤフー、「ネコポス」の送料を値下げ、非対面の配送を強化

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ヤフー画面
ヤフーとヤマト運輸は9月1日から、ネットオークションの「ヤフオク!」とフリマアプリ「PayPayフリマ」で提供しているポスト投函型配送サービス「ネコポス」の送料を引き下げる。写真はロイター

 ヤフーとヤマト運輸は9月1日から、ネットオークションの「ヤフオク!」とフリマアプリ「PayPayフリマ」で提供しているポスト投函型配送サービス「ネコポス」の送料を引き下げる。出品者負担の場合は現行の195円(税込み)を170円に、落札者負担の場合は225円を210円に値下げする。

 ネコポスは、A4サイズで厚さ2.5センチ、重さ1キログラム以内の荷物を全国一律の料金で配送するサービス。荷物は落札者のポストに投函されるので、非対面で受け取ることができる。

 新型コロナウイルスの感染拡大でEC(インターネット通販)の利用が増える中、非対面での受け取りを希望する購入者が増えており、ネコポスの取扱量は今年4〜7月の累計で前年同期に比べて47.9%増加した。送料を引き下げることで、ネコポスをさらに利用しやすくする。ネコポスはヤマト運輸の営業所やコンビニエンスストアから発送できる。

 ヤマト運輸では、EC事業者向けの新配送サービスとして置き配やコンビニでの受け取りに対応する「EAZY(イージー)」の提供を6月から始めており、PayPayフリマは今秋から導入する予定。その後、ヤフオク!でも導入する予定だ。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media