12月まで予約一杯の寿司店と顧客200人の靴店バイトに学ぶ 店舗ビジネスの豊富な伸び代とは

2020/08/14 05:55
成田直人

こんにちは、成田直人です。最近多方面で、「今後の店舗ビジネスはどうなるんですか?」と聞かれます。私の連載をご覧いただいている方も「これからの店舗ビジネスは大丈夫なのかな?」と不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。断言します、まだまだ伸び代だらけです。なぜそう言い切れるのか、今日は店舗ビジネスの伸び代についてお話しします。

Nayomiee / istock
Nayomiee / istock

コロナ禍でも12月まで予約がいっぱいの寿司店の秘密

「店舗ビジネスはまだまだ伸びますよ」

 当社のクライアントもこの一言に安心していますが、もちろんただの応援のための虚言ではありません。私は、実際に店舗はまだまだ伸びるとしか思えないのです。

 では、多くの人がなぜ店舗ビジネスの今後について不安を抱いているのか?それは、競争相手がネットショッピングになっているからです。飲食店も、消費者が自粛期間中にお取り寄せをして自宅で飲み会を開くことが増えているため、「リアルの場と同程度の価値を自宅で感じているのではないか?」と不安になっているようです。

 私は、オンラインや他店との競合を意識していることに問題があると思っています。そもそも人気店は比較されていません。人気店は顧客にとって常に「ファーストチョイス」なので、オンラインのことが頭をよぎることはないのです。

 私が先日連れて行ってもらった高級寿司店はコロナ期間中に2ヶ月休業していましたが、すでに12月まで予約でいっぱいだそうです。「こんな世界があるんだな」と驚いてしまったわけですが、要はこの寿司店の顧客にとっては「この店じゃないとダメ」なのです。他の店のことが頭をよぎることはないのです。

 それを聞いて、「そんなのは、高級料理店で大将の腕が良いからでは?」と思い、思考停止になるようでは、厳しい言い方ですが、今後の店舗運営は厳しいでしょう。

 店舗で働く人もこの店から学ぶことは多いです。その一つが「知識量」です。一流店の店主は知識もものすごいものがあります。話を聞いていて頷く以外の選択肢がないほど専門知識と独自の体験があります。この時点で「この人は素晴らしい!」とお客はなりますよね。 

 これを自身に当てはめてみたらどうでしょうか。「業界トップクラスの知識や体験をしているか?」 この問いをすることで、自らできることはまだまだたくさんあるということにと思い至るのではないでしょうか。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media