訪日外国人観光客数99.9%減の衝撃! インバウンド特化店の今は?

2020/07/22 05:55
兵藤雄之

新型コロナウイルスの世界的感染拡大により、2020年4000万人を目標にしてきた訪日外国人旅行客数(インバウンド)が、一気に消えてしまった。20年5月に至っては、前年の約277万人に対し、わずかに1700人。インバウンド拡大による成長に期待していた企業には辛く厳しい状況になっている。

ダイコクは沖縄県内の店舗数を6店舗まで減らした
ダイコクは沖縄県内の店舗数を6店舗まで減らした

20205月の外国人観光客数 99.9%減

  20205月の訪日外国人観光客数は対前年度月比99.9%減(日本政府観光局調べ)。15月までの累計でも、同71.3%減となっている。

 訪日外国人観光客需要の拡大を成長の頼みとしてきた企業や業界にとっては、このインバウンド消失による喪失感は計り知れない。

 たとえば百貨店業界がそうだ。百貨店協会によれば、201月の免税総売上高は対前年同月比20.9%増だったが、2月以降は一気に数字を落とし、5月に至っては同97.5%減という悲惨な状況だ。

 ドラッグストア(DgS)業界にも、これまでにない影を落としている。

 商業動態統計速報(経済産業省)によると、DgS202月の全国売上は新型コロナウイルス感染予防商材の売れ行きが好調で、同18.9%増に達した。しかし、3月に入ると、インバウンドで潤ってきた東京・大阪・沖縄で、販売額が前年実績を下回り出した。厳しい状況下、インバウンド需要の取り込みをねらって出店した店舗の閉店に動くDgSも現れた。

 いち早くその動きを見せたのがダイコク(大阪府)だ。この数年、沖縄や北海道の観光立地への出店を積極的に進めてきた同社だが、沖縄の地元紙によれば、3月に沖縄県内の2店舗を閉店、2店舗を休業した。198月期末時点では14店舗を展開していたが、現在(207月)は6店舗まで減らしている。

 ツルハホールディングス(北海道:以下、ツルハHD)は516日付で15店舗を同時閉店。そのうち9店舗(洞爺湖温泉店、名古屋栄3丁目店、京都駅東塩小路店、四条高倉店、道頓堀中央店、神戸元町店、西鉄天神駅北口店、中州店、西中洲店)がインバウンド対応の店舗だ。

 同社の鶴羽順社長は、205月期の決算説明会で「インバウンド売上がほぼ消失した」と、新型コロナウイルスの影響の大きさを口にした。

 コスモス薬品(福岡県)は、これまで年間の閉店数は10店舗に届くかどうかだったが、204月だけで8店舗、そのうち6店舗がインバウンド需要をねらったもので、2月開業の池袋東口店も含まれている。

 

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media