アスクル20年5月期はLOHACO構造改革で大幅増益  コロナ影響で気になる本業「BtoB」のこれから

2020/07/15 05:55
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

710日、オフィス用品の通信販売事業を展開するアスクル(東京都/吉岡晃社長)は、オンラインで20205月期の決算説明会を実施した。BtoC事業の中核である「LOHACO(ロハコ)」で構造改革が進んだことが主因で、営業利益は対前期比約95%増と大幅に伸長している。LOHACOをめぐっては、19年に対立していた親会社のヤフー(現・Zホールディングス:東京都/川邊健太郎社長)と関係を改善し、「PayPayモール」に出店するなど協業が進んでいる。

営業利益は約95%増

  アスクルの205月期連結決算は、売上高4003億円(対前期比3.3%増)、営業利益88億円(同95.1%増)の増収・営業増益だった。売上面では、主力のBtoB事業で第4四半期に新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたものの、通期では既存顧客の購入点数が増加したことに加え、SEO対策やインターネット広告の強化により新規顧客が増えたことなどで同4.2%増と堅調に推移した。また、ロジスティクス事業も同29.5%増と好調だった。

 利益面では、BtoC事業のLOHACOの収益性が大きく改善したことが大幅な営業増益に寄与した。BtoC事業単体ではまだ赤字ではあるものの、前期と比較すると29億円損益が改善している。191月の「配送バー」(送料無料になる注文金額)の引き上げや、同年7月から開始した「ひと箱eco」(対象飲料注文の際に1箱に収まるように注文すれば配送料が無料になるサービス)などの効果が着実に表れており、売上総利益の上昇と売上高配送費比率の改善が進んだ。

アスクルBtoC事業20年5月期業績
アスクルBtoC事業20年5月期業績(アスクル決算資料より)

 そのほか、LOHACOは来期以降の再成長に向けて新規顧客獲得をめざし、1910月にはヤフーが厳選した店舗だけが出店するオンライン通販サービス「PayPayモール」に出店。独自商品のラインアップ強化に取り組んでおり、同サービス経由の売上高は伸長しているという。

 

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media