上場食品スーパー売上ランキング2020!熾烈なトップ争いを制したのは……

2020/07/13 05:45
森田俊一(流通ジャーナリスト)
Pocket

売上トップはあの企業!

 食品スーパーの19年度の営業収益ランキングから上位各社の動向を追ってみよう。

図表●上場食品スーパー営業収益ランキング

 営業収益トップはライフだ。18年度は首位をU.S.M.Hに明け渡した同社だが、19年度は首位に返り咲いた。20年2月期の営業収益では対前期比2.3%増と手堅い伸びを示している。

 ライフは19年、ネットスーパー事業の強化策を相次いで打ち出した。19年4月に物流大手のセイノーホールディングスと子会社のベクトルワンと業務提携を締結、同年9月にはあのアマゾン ジャパン(東京都)と9月に業務提携を結び、「Prime Now(プライムナウ)」による販売を開始している。開始当初は23区の一部エリアでサービスを展開していたが、20年6月に東京23区にエリアを拡大。アマゾンと歩調を合わせ本格展開に乗り出す構えを見せている。

 2位はU.S.M.H。2020年2月期の営業収益は対前期比0.4%減と上位10位のなかで唯一の減収になった。傘下のカスミの本拠地である茨城県で競合のドラッグストアやディスカウントストアの出店が相次ぎ、競争が激化したことが響いた格好だ。

 3位はバローHDだ。同社の営業収益は同19・8%増と大きく伸びた。これは、ホームセンター大手のダイユー・リックHD(19年4月にアレンザHDに社名変更)を19年4月に連結子会社化した効果によるものだ。

 4位のマックスバリュ西日本(広島県)の営業収益も同97・5%増と大幅増収を果たした。同社は19年3月にイオン(千葉県)グループの食品スーパー、マルナカ(香川県)、山陽マルナカ(岡山県)を子会社化しており、増収はその連結効果によるもの。

 上位20位までで減収に陥ったのは、U.S.M.H.に加え、リテールパートナーズ(山口県)、ヤマザワ(山形県)の3社。19年度決算はおおむね増収基調だったと言えるが、業界全体としてはドラッグストアとの競合も響いており、楽観できない状況が続く。

 今年は前半の巣篭もりで貯めた“貯金”をどう維持できるかが焦点となる。特需で得た原資をどの領域に投資していくか。その判断次第で、企業間格差が拡大していく可能性もあるだろう。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media